• ホーム
  • お寺の掲示板
  • お寺の掲示板 vol. 4『伊虫あに朱陽の節を知らんや』谷口愛沙―選 2023年12月

2024年01月07日(日)

お知らせ

お寺の掲示板 vol. 4『伊虫あに朱陽の節を知らんや』谷口愛沙―選 2023年12月

お寺の掲示板 vol. 4『伊虫あに朱陽の節を知らんや』谷口愛沙―選 2023年12月

 

 

私のなかに南無阿弥陀仏が起こるのは、いつでしょうか。

 

私は、あの人と合わない、この人からこういうことを言われて腹が立つ、
とついつい思うことがあります。

こうした怒りのなかにいるときは全く見えないのですが、気持ちが少し落ち着くと、私は「私」というものに執着していたのだということに気づきます。

これは、私は正しい、私は勝っている、
私は・・私は・・・と繰り返す「私」のことです。

誰かと自分とを比べて優劣をつけることや、ネガティブな感情を抱くことは、とてもエネルギーのいることです。

だから、できれば、この「私」に執着する私を手放していきたい。

親鸞聖人は自身の著作のなかで、先達である曇鸞大師の以下の言葉を引用されています。

 

蟪蛄(けいこ)春秋(しゅんじゅう)を識(し)らず、

伊虫(いちゅう)あに朱陽(しゅよう)の節を知らん

『真宗聖典』275頁

「セミは春と秋を知らない。このセミは夏しか生きたことがないから夏も知らない」

という意味です。


セミは春や秋を知ろうと思っても、想像すらできません。

ましてや、夏しか知らないセミは、他の季節と比べようがないから本当の意味での夏も知りません。

「私」に執着する私しか知らないと、私を苦しめている原因や、
「ほんとうのわたし」として生きるということにも気づいていけないのです。

阿弥陀さんは、この「私」に執着する私ではない、
「ほんとうのわたし」に生まれることを願われています。

私がこの「わたし」に生まれたいと願うとき、
それは私のなかに南無阿弥陀仏が起こるときだと言えるのではないでしょうか。

  • お稚児さん募集のご案内

  • お寺の掲示板

  • お菓子マニア

    お歌詞マニア♪

  • 令和6年度(2024) 正本寺年間行事予定

  • ご法事のご案内とお願い(年回忌法要早見表)

  • オンライン法要のご案内

お問い合わせ

正本寺とご縁のある方はもちろん、今までに正本寺とお付き合いの無い方でもお気軽にご相談下さい。

お電話でのお問い合わせ

0587-32-3888

本堂開門時間:午前八時半〜午後四時半
お電話での受付:午前八時〜午後九時
緊急時のお電話:24時間

よく頂く質問についてはこちらをご覧ください。

arrow_upward
真宗大谷派

松平山 正本寺(まつだいらさん しょうほんじ)

〒492-8233
愛知県稲沢市奥田町字中切前4457番地
TEL:0587-32-3888

(C) SHOHONJI. All Right Reserved.