• ホーム
  • お寺の掲示板
  • お寺の掲示板 vol. 7『背のびする自分 卑下する自分 どっちもいやだけど どっちも自分』相田みつお 2024年6月 大谷裕樹―選

2024年06月30日(日)

お寺の掲示板

お寺の掲示板 vol. 7『背のびする自分 卑下する自分 どっちもいやだけど どっちも自分』相田みつお 2024年6月 大谷裕樹―選

お寺の掲示板 vol. 7『背のびする自分 卑下する自分 どっちもいやだけど どっちも自分』相田みつお 2024年6月 大谷裕樹―選

『背のびする自分 卑下する自分 どっちもいやだけど どっちも自分』 相田みつを

みなさんはこちらの文を見て
何を感じましたか。

背のびするとは何か。
辞書で調べると
「 実力以上のことをしようとすること。
また、自分を実際以上に大きく見せようとすること。」
とあります。

例として、アニメ「ドラえもん」のスネ夫というキャラクターはご存知でしょうか。
スネ夫は過去にヤマハ製のモーターボートを所有してることを皆に自慢することで、
自分を良く見せようとするシーンがありました。

所有しているのはお金持ちの親であって、
スネ夫本人の実力ではありません。
それを、自分の実力であるかのように話すことは、
周りから見るととても虚しいことに思えます。

卑下するとは何か。
「自分を劣ったものとしていやしめること。
へりくだること。」とあります。

例としてアニメ「ドラえもん」ののび太というキャラクターはご存知でしょうか。
のび太は何か失敗したことがあった際に、
僕はダメな人間だと言いドラえもんに訴えかける、
というシーンが過去にありました。

失敗をすることは仕方の無いことです。
しかし、そこから努力をして改善するのではなく、
ドラえもんの道具に頼るばかりなのです。
自分の悪い部分を分かっていながら、
そこを見ようとしないのです。
それではいつまででも問題は変わらないし、
解決はしません。

この2人の例から共通することは、
両者とも本当の自分に向き合おうとしていない点です。
私たちも自分のことは分かっているつもりになりがちです。
しかし、実際はただ見ようとしていない、
分かろうとしていないだけかも知れません。
なぜなら自分自身と向き合うことは、
とても辛いこと苦しいことだからです。

私も僧侶という立場でありながら、
2人のキャラクターと同じ様に、
自分自身を良く見せたり、
卑下したりをしてしまいます。
なぜなら本当の自分と向き合うよりずっと楽だからです。

私たちは自分自身を見ることはできません。
しかし鏡を使うことで、
自分自身を知ることができます。
同じように自分自身の心を見ることは難しいです。
しかし仏法を聞くことで、
自分自身を知るための鏡になるのです。

無明の闇に覆われている私たちは、
真実がわからずに自分の思いに振り回されて生きています。
しかし、仏法はその闇を晴らすことが出来る、と親鸞聖人は教えてくださいます。

本当の自分と向き合うことが出来ない私でも、
ある瞬間にふと気づくことがあります。
その瞬間を受け取るために、
日々の身の回りの出来事に
積極的に耳を傾けていくことが
大切なのではないかと私は思います。
その瞬間に初めて「どっちも自分」と
受け入れることができるかもしれません。

  • 2024.5.5 御遠忌法要・稚児行列写真ギャラリー

  • お寺の掲示板

  • お菓子マニア

    お歌詞マニア♪

  • 令和6年度(2024) 正本寺年間行事予定

  • ご法事のご案内とお願い(年回忌法要早見表)

  • オンライン法要のご案内

お問い合わせ

正本寺とご縁のある方はもちろん、今までに正本寺とお付き合いの無い方でもお気軽にご相談下さい。

お電話でのお問い合わせ

0587-32-3888

本堂開門時間:午前八時半〜午後四時半
お電話での受付:午前八時〜午後九時
緊急時のお電話:24時間

よく頂く質問についてはこちらをご覧ください。

arrow_upward
真宗大谷派

松平山 正本寺(まつだいらさん しょうほんじ)

〒492-8233
愛知県稲沢市奥田町字中切前4457番地
TEL:0587-32-3888

(C) SHOHONJI. All Right Reserved.